MENU

プリセンター制度とは?

プリセンター制度とは、一人の先輩看護師をプリセプターとして、一定期間、一人の新人看護師に対して、マンツーマンで指導していくというものです。

 

看護師のリアリティショックを緩和する役目があり、実践能力の獲得を支援する教育体制として近年、各病院で積極的に採用されています。プリセンターとなった人は、新人看護師が看護実践能力を獲得できるよう、教育環境の調整と指導を行っていきます。

 

プリセプター制度の期間は1年間とする病院が多いのですが、負担軽減のため、4ヶ月間に限定しているところもあります。プリセプターというのは、いわば新人のお世話係で、とかく注意されることが多い新人看護師を精神的に支えていきます。

 

優しく見守るお姉さん的存在で、リアリティショックを上手く緩和します。新人看護師は、プリセプターとともに到達可能な目標を立て、計画的に看護実践能力を身につけていきます。そして、自分にわかることとわからないことを認識して、他者に説明できるよう努めます。

 

自分のストレス反応を自覚したら、一人で抱え込まずプリセブターに相談することです。