MENU

看護師の実技練習の特徴

看護師になるためには、看護学校や看護科などで学ぶ必要があります。知識を得ると同時に、看護師となった時に必要な経験も基本的なものを学びます。そのため、数多くの実技練習がカリキュラムの中に組み込まれています。たとえば、包帯の巻き方や、血圧のとりかた、採血の方法など、実践的なものも、安善に十分配慮された環境で実技練習を行う事でしょう。

 

ベットメイキングや、体位変換なども、ペアを組んで実際に自分が患者側となって、感覚をつかむような学習方法も一般的です。カリキュラムが進むと、実際に医療機関いく実習なども組まれていきます。実習は医療機関で行われるので、看護師の資格を取ってからの自分の姿を想像する手助けをしてくれるでしょう。

 

看護師の実技練習は、他の専門学校とは異なり、より実践に近く自分で感じることの出来るものが多くあります。自分が看護される側になることで、より有効な看護を学ぶこと同時に、患者さんの側に立って行える看護を習得することが出来るのです。実技練習は、得意不得意があるでしょう。

 

そういったことを知ることで、自分がどのような看護師になりたいのかも絞られていくかもしれませんね。