MENU

正看護師と准看護師の仕事内容の違い

看護師さんには、2つ種類があって正看護師と准看護師です。その違いははっきりとしていて、正看護師になるには、専門学校を卒業してから国家試験に合格しないとなれません。一方の准看護師ですが、各都道府県で行われる知事試験に合格となっています。

 

 

そして、正看護師と准看護師では、業務内容にも違いがあって、正看護師は、医師の指示によって看護にあたりますが、准看護師は正看護師の指示によって仕事をするのです。実際の看護をするの当たっては、准看護師も正看護師も見た目は同じ仕事をしているのですが、資格の差は、はっきりとしているのです。

 

ですから勤務上の待遇面もおのずと違っているのです。立場的には上に上がっていくには、資格による壁があるのが、正看護師と准看護師の仕事内容の違いです。

 

さらに今は看護師の資格としてもっと高いレベルの看護を行っていく認定看護師にレベルアップしていく時代ですが、准看護師では出来ないのです。そして今の医療現場の実情として、人手不足やコスト削減を目指して、准看護師を増やしていく傾向にありますが、これから看護師を目指すなら正看護師の方が、やりがいのある仕事となってくるのです。